彼氏と付き合っていくうちに、
なんとなく連絡をとり合うことが
少なくなってきたと感じることもありますよね。
そしてついには連絡が来なくなってしまったなんてことにも。
そうなると、もう別れたほうが良いのか?とが頭をよぎるでしょう。
しかしそう考えているうちに、
実は彼の方からしたらもう別れているつもりということもあります。
つまりはフェードアウトをしていたという事です。
連絡をしないことが別れを伝えるメッセージだったのです。
しかし何か言ってくれたわけでは無いし、
連絡が取れない理由があったのかもしれないと考えれば、
簡単に自分から別れを決めつけることもできませんよね。



彼氏とよぶ男性から、どのくらい連絡がなければ別れが成立する?

ではいったい、どのくらいの期間の連絡が無かったら、
別れたことになっているのかを挙げていきましょう。

スポンサーリンク

1 頻繁に連絡をとっていたなら一週間

普段の連絡頻度も関わってきますので、
ここではその連絡頻度が高かった順にお伝えしていきます。
もし、毎日のように連絡をとり合っていたというくらいの頻度の高さであれば、
一週間連絡が経ったところで見切りをつけていいでしょう。
場合によってはアクシデントにより連絡が取れなくなったということも考えられます。
携帯を失くしてしまったり、
はたまた本人が事故に巻き込まれたなんてことも、
少ない可能性ですがあります。
しかしそれでも2.3日あれば連絡はできるはずです。
毎日連絡をとっていたという事は、
少なからず貴女の事を気にしているわけですから。
何らかの形で必ず連絡するでしょう。
それをしないという事は、
もう彼は貴女との付き合いを止めたいと考えているのでしょう。
ですので、頻繁に連絡をとっていたのであれば一週間くらいが目安となります。

スポンサーリンク

2 三日に一回くらいだったなら二週間

毎日というわけでは無いけど、緩く連絡し合っているような状態、
なんとなく三日に一回くらいという方は、
二週間の連絡が無かったところで別れたと思った方が良いでしょう。
元々が三日に一回くらいは連絡が来ていたので、
実際に一週間ほどの連絡が無いところで既に黄色信号がともっている状態です。
しかし三日に一回くらいの頻度は、彼も自分の時間を大事にしているとも言えますよね。
ですので一週間くらい空くことは珍しいことではないこともあります。
ただそれでも二週間も空けるという事は、
貴女への気持ちが薄れてしまったという理由以外には思いつきません。
彼の中では別れようとしていたのです。
別れを言いだそうか悩んでいる間に時間が過ぎて、
二週間も経つと「もうこのまま何もしないでおこう」となるのでしょう。

スポンサーリンク

3 一週間に一回はという頻度なら一か月

普段からそこまで頻繁な連絡もせずに、
何か用事があるときにくらいでしかメールもしないという方もいるでしょう。
そのような方が彼氏であるならば、一か月ほど連絡が来なかったら別れたということになるでしょう。
普段は一週間に一回くらいの頻度であれば、
それなりにお互いが自立していることが多いでしょう。
元々がそこまで相手に求めることは少ないのではないでしょうか。
ですので場合によっては平気で二週間くらい連絡をしないこともあります。
それでも付き合っているのであれば、
一か月も音信不通にすることは無いでしょう。
そこまで何も音沙汰が無いのであれば、
完全に終了していると言っても過言ではありません。
貴女に対して必要性を感じなくなったと言えます。

スポンサーリンク

4 忙しすぎる彼なら三か月

これは番外編にも近いものですが、
最初から多忙な彼であったなら、
一か月や二か月の連絡が無くても不思議ではありません。
それは付き合っている貴女が一番よく分かっているでしょう。
というより、
それくらいは覚悟していたから付き合ったのではないでしょうか。
周りからすると「それって付き合ってるの?」とも言われてしまいそうです。
お互いが自分を大事にして、やりたいことを積極的にやろうとする関係と言えるのではないでしょうか。
そんな関係で結ばれていても、
三か月も連絡をしないという事は考えにくいものがあります。
完全に季節も変わりますよね。
付き合っているのであれば、何か挨拶のようなものくらいはあっても良いはずです。
元々、自分自身に価値を強く持っていたのかもしれませんが、
その気持ちがさらに強くなってしまったのでしょう。



スポンサーリンク

まとめ

どのくらいの期間、
連絡が来なかったら別れたことになるのかというのは、
普段の連絡のやり取りの頻度によって変わります。
毎日しないと気が済まないという人もいれば、
一週間くらい何もしなくても良いという人もいますので、
考える幅は広くなるでしょう。
毎日の日課のように連絡をとっていたのであれば、
一日連絡が無かっただけでもそわそわしてしまうものです。
しかしそれは何らかの事情があっただけかもしれませんので、
やはり一週間くらいと見るべきでしょう。
自分の自由を求める人ほど連絡の頻度は下がりますが、
ほとんどの場合は一か月の音信不通期間を持ってしまったら、
もう別れているといって良いです。