付き合ってるか付き合ってないか境界線がわからない!確信させる態度や言葉、しぐさってあるの?

告白をしたことはないけれど、
なんとなく付き合っている。
という女性は多いと思います。
特に20代後半の女性には、
そういう経験が
多いのではないでしょうか?
もう、若くはないんだから
面倒くさいことはしたくない…
お互いそういう心理が働いて、
きちんと男女の線引きを
しなくなるのかもしれません。

スポンサーリンク

付き合ってるか付き合ってないかの境界線は?
確信する態度や言葉、しぐさはある?

ただ、それでも女性には
自分をどういう立場で
見てくれているのか
気になるときがあると思います。
そういうときに男性の気持ちを確かめる、
自分を彼女として、
見てくれているかどうか?
それを確かめる方法を
下記に紹介します。

スポンサーリンク

誕生日、イベント関連できちんと対応してくれるかどうか


男性は意外に面倒くさがりな人が
多いです。特に他人の誕生日を
覚えたり、記念日、
イベントなどに気を割くのは
基本的に嫌だという方が多いです。
ですので、誕生日を
祝ってくれなかったり、
それどころか誕生日を覚えていても
くれなかったりした場合は、
あまり想ってくれていない
証拠かもしれません。
逆に誕生日などに
ちょっとした贈り物や
お祝いの言葉を掛けてくれたり、
記念日などに特別なことをしてくれる場合は、
彼女として大切に想ってくれている
証拠とも言えます。
ハロウィン、クリスマスなどの
イベント関連はしっかりと
誘いを入れてくれたりするのは、
彼女として認識してくれているのは
間違いないです。

スポンサーリンク

連絡を彼氏から頻繁にしてくれるかどうか

連絡の頻度なども彼女として
考えてくれているのか?
確かめるいい方法かもしれません。
上述した通り、男性は
基本的に面倒くさがりなので、
どうでもいい事で連絡を
交わすことを好みません。
女性は結構、なんでもないことでも
頻繁に連絡を取りたがるものですが、
男性は用事があるときだけ、
用件だけを伝えればいいという
連絡に対するスタンスを
持ちがちです。ですので、
あまり女性として
見られていない方に対して、
必要最小限の連絡しか取ろうとしか
しないんです。友達として
見てはいるけれども、
女性としては見ていないとい
う気持ちが強いと、接し方が
男性の友人と同じようになりますので、
連絡に関しては淡泊になります。
逆に彼女として見てくれる場合は、
どんな些細なことでも
マメに返信をしてくれるようになります。
そして、男性の方からも
頻繁に連絡が来る場合も多いです。
男性は結構、分かりやすい傾向があります。
女性に対する連絡のスタンスを見るだけで、
女性として、もしくは彼女として
見てくれているかどうかがわかります。

スポンサーリンク

友達に紹介してくれているかどうか


彼女として認識してくれているかどうか?
それは男性の友人に
紹介してくれているかどうかでもよく分かります。
ただ、彼女として見てくれていても
紹介する機会がなければしょうがないのですが、
男性の友人に紹介してもらっている場合は
彼女として見てくれていると確信しても大丈夫です。
男性は少し見栄っ張りなところがありまして、
無意識的に他の男性に対して、
自己顕示をしたいと思っているところがあります。
男性が友人に女性を紹介するということは、
言い方が酷いですが、
その女性を男性の所有物として
見せびらかしたいという気持ちが多少なりともあります。
用事や仕事関連などで紹介される場合などは別ですが、
普通の飲み会や集まりの場で男性の友人に紹介された場合は、
彼女として認識してくれているのは間違いないと思います。

スポンサーリンク

家族に紹介してくれているかどうか

男性の家族に紹介された場合は、
彼女として認識されていることは間違いありません。
友人として紹介される場合などもあるかもしれませんが、
普通の男性は家族の手前、彼女として、
もしくは結婚を前提としている人でないと紹介しません。
基本的に男性は、家族に付き合っている
女性がいるということを隠したがる傾向があります。
それでも家族に紹介するということは、
本当に大切な女性として認識されているという証拠になります。

スポンサーリンク

他の人から告白をされていると嘘をついてみる

彼氏の気持ちを確かめる方法として、
ちょっと怖いですが嘘を付いてみるのも方法の一つです。
例えば、他の男性から告白を受けていると男性にほのめかします。
彼女として認識をしてくれているのであれば、
嫉妬心をむき出しにして、
断るように言い聞かせてくる筈です。
男性は、自分が彼女として認識している女性を
他の男性に取られるほど嫌なことはないと思う方も多いので、
気持ちをむき出しにして止めにかかる筈です。
男性にはちょっとかわいそうですが、
きちんと線引きをしていなかった報いとして
痛い思いをしてもらう程度に考えて、
ちょっと嘘をつくのも手だと思います。

スポンサーリンク

きちんと自分から付き合っているか確認をする

少し腹立たしいいかもしれませんが、
自分の方から彼女として付き合っていてくれているのかどうか?
聞いてしまうのもいいかもしれません。
ここで返事を濁してくるようであれば、
その男性とはもう別れてしまって、
他にいい男性を見つけてしまってもいいと思います。
女性の方から、
自分の立場を聞かなければならない
状況を作りだす男性はちょっと問題だと思いますし、
そこで更に返事を濁すようだったら
付き合わない方がいいです。
彼女として見ていたけど、
言い出しづらかった…
急に返事を迫られてから言えなかった…。
そういう言い訳を後からしてくるかもしれませんが、
恋愛をすることに覚悟がない男性は、
どんなに人柄がよくても
見切りをつけた方がいいです。

スポンサーリンク

さいごに

特に告白をすることはなく、
なんとなく付き合い始める。
それがスマートだと
考える男性も多いようです。
ですが、特に婚前の女性は
将来のこともありますので、
男性の気持ちをしっかりと
確かめておきたいですよね。
ただし、あまりにも態度を
はっきりとさせない男性は
見切りをつけるのもいいかと思います。
告白しないで付き合うのも
スマートかもしれませんが、
きっちりとけじめをつけないのは
誠意に欠けるのではないでしょうか?
新しい恋をみつけて、気持ちを
切り替えてみるのもいいと思いますよ!