好きな女性がいるのに好きじゃない人に好かれる。どうしたらいいの?

男女問わずに結構、
いらっしゃると思うんですが、
自分が好きな人とは上手くいかないのに
恋愛対象として見ていない人に好かれてしまう…
これは嬉しいことかもしれませんが、
それ以上に困ったことですよね。



スポンサーリンク

どうすればよいのか?

もし仮に恋愛対象とは、
見ることが出来なくても、
嫌いではないという状況は特に困ると思います。
好意を受け止めて付き合ってしまったら
好きな人に付き合った事が伝わってしまい、
もう交際できる可能性がなくなってしまう…
もしくは、はっきりと断った場合、
その方と今後、気まずくなったりしたらどうしよう…
色々と悩ましいところではあると思います。
今回は、
男性が気になる女性がいるのに、
その気がない別の女性に好かれてしまう。

そんな場合、どのようにすればよいのか?

スポンサーリンク

【1、交際をしないのは損。とりあえず、好意を持たれている女性と付き合ってみる。】

せっかく女性に好意を持たれていますので、
よっぽど嫌でなければ
付き合ってみるというのもアリかもしれません。
実際、
自分が好きな人をどれくらい知っているのか?
また、
自分に好意を寄せてくれた女性を
どれくらい知っているのか?
これは実際に付き合ってみて、
時間を共有してみないと分からないことです。
好きだと思っていた女性は、
付き合ってみたら想像していた人と違っていた。
奥ゆかしい人だと思っていたけど、
周りに遠慮していただけだった。
思っていた性格がまるで違っていたり、
よく見たら顔の好みが全然違うかったなど、
付き合ってみると
見えてこない部分がどんどん露わになってきます。
そうなると好意を持っていた女性に対して
「引き算的」な見方しか出来なくなって、
恋愛の熱が冷めてきてしまった…
という話はよくあります。
逆に、
好きでもないという女性は、
言い方が悪いですが、
恋愛に対する期待値が低いために、
付き合ってみると、
知らなかった一面が見えてくることもあります。
そうなると、
徐々に自分が思っていた以上に
好意的に見えてくることがあって
「足し算的」な考え方を
することができる可能性があります。
好意を持たれて気持ちを伝えられたら、
とりあえず、
付き合ってみるのも悪くない選択です。
実際に付き合って見たら、
どんどん好きになってしまう
可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク

【2、やはり、好きな女性がいるので付き合うことが出来ないと伝える】

自分には好きな女性がいるので、
恋愛対象として見ていない女性の
好意を受け取ることはできない。
だから、
付き合うことは出来ない…
という意思をはっきりと伝えるのも
誠実と言えるかもしれません。
女性の好意に対して
男性として真摯に応えることができないから、
付き合うことが出来ないと決断するのも
選択肢の一つでしょう。

スポンサーリンク

縁を無くさせる3つの方法

女性は、
好意を持つ男性の気持ちには
凄く敏感なところがあり、
自分のことを好きじゃないのかもしれない…
他に好きな人がいるのかもしれない…
優しくしてくれても、
自分には気が向いていない…
こういうところを鋭く察知してきます。
後々、
自分に対して本気ではないと気づかれてしまうと、
色々とややこしい事態になる可能性も出てきます。
そうならない為にも、
はっきりと付き合うことができないと
伝えるのも正解かもしれません。
ただ、
はっきり付き合えないと伝えるのは
角が立つかもしれません。
なので、

縁を無くさせる方法を3つ紹介します。




スポンサーリンク

【1 会話などをするとき、少し距離を置く】

男性に好意を持つ女性は、
とにかく会話などをするときに
無意識に距離を近づけてくる傾向があります。
そういうときは、
逆にこちらが距離を取るように心がけてみます。
話し掛けられたら、
少し距離を取って離れて会話したり、
喋りかけられたら、
少しのけ反るくらいなしぐさを見せるのも効果的です。
また、
隙を見せると身体を触ってきたりしますので、
そういうときは上手くかわす行動を取りましょう。
ちょっとかわいそうですが、
これはかなり効果があります。
以上のことを繰り返す内に、
女性は自分に好意がないことに気づき、
諦めてくれる可能性があります。

スポンサーリンク

【2 女性を紹介してくれないかと頼んでみる】

これもちょっとかわいそうですが、
明らかに自分に対して好意を寄せてくる女性に対して、
「他の女性を紹介して」と、
お願いしてみるのも効果があります。
ただ、いきなりそんなことを切り出すのは
難しいと思いますので、
少し工夫が必要になります。
こういう場合はこちらから、
付き合っている彼氏がいるのかどうか?
それを聞き出します。
好意を持つ男性を前に
他の男性と付き合っている訳がないので、
当然、今は付き合っている彼氏はいないと答えてきます。
そのときにすかさず「自分も彼女がいないので、
いい人がいたら紹介して欲しい」と強く頼みます。
こういわれると自分には脈なし…と、
諦めてくれる可能性がでてきます。
ただし、ポジティブなタイプの女性
は「今、彼女いないんだ!」と好意的に捉えてくる方もいますので
注意しましょう。

スポンサーリンク

【3 LINEなどの連絡は、既読スルーを何度もする】

もし、
好意を持たれている女性と
LINEなどを行っている場合に使える方法です。
男性に対して、
好意を持つ女性は頻繁にLINEを送ってきます。
どうでもいい話題でも
無理やり送りつけてきますので、
そこを上手く利用する方法です。
好意を持ってはいないけど、
嫌いでもないから
LINEを無視するのはできない…
という状況にもなるでしょう。
そういうときは内容だけを確認して、
返信を一切、
行わない既読スルーを何回も続けます。
重要な要件だけは、
既読してしばらくしたら返信することにして、
どうでもいい話題はとりあえず既読して返信はしない。
もしくは、
そっけなく短い言葉でいかにも面倒くさい、
という雰囲気を漂わせて内容を送り返します。
これだけでも、好意を向けてくる女性の気持ちを
冷めさせるには十分ですので、
試してみて下さい。かわいそうですが…。



スポンサーリンク

【最後に】

男性として、
女性に好意を寄せられるのは
悪い気がしないというのは当然ですが、
同時に厄介な問題でもあります。
その好意に応えるかどうか?
そこで考えは割れると思いますが、
どちらとも正解とは言えないのが現実です。
好意に応えるのなら、
じっくりと付き合いながら
続けていけるのか考えてみるのもいいでしょうし、
応える気がないのなら女性の為にも好意がないと意思をきっぱり伝える。
どちらも悪くないと思います。

大切なのは男性、女性としてと考えるのではなく、
一人の人間に対して誠実に接することができるかどうか。
それが最も大切だと思います。

女性の好意に応えるばかりが優しさではありません。
しっかりと決断しましょう。