離婚しないためにすべき事、しないといけないことするべき大事なこと

結婚して時が経てば誰もが一度は考えてしまうかもしれない、
“離婚”という事実。
今回は離婚しないために、
「喧嘩をした時にしてはいけないこと」
を、ご紹介します。

スポンサーリンク

あなたのするべきこととしてはいけないこと




離婚を回避!元どおりになるための秘訣

《まず旦那さんが求めるものをよく考えましょう》
結婚するということはやはり、
「お互いがお互いの生活に欠かせなかった。」
ということだと思います。
まず離婚を考えてしまった時は、
お互いがなにを相手に求めていたのかを改めて考える必要があります。
では、

スポンサーリンク

男性は女性に対してなにを求めるのか?

それは、

1位 刺激的な生活(性欲など)

2位 癒し

3位 子育て

4位 見合った金銭感覚

5位 安定性

になります。
それらをクリアできていないから、
離婚してしまうのかもしれませんね。

スポンサーリンク

男性が女性に求める3つのポイント

男の人というのはなかなかわがままです。

結婚相手の女性に対して
“妻”としての顔と、
“母”としての顔と、
“女”としての顔の
3つを求めているのでます。

その3つを感じれないと離婚につながるような行為を実行し、
離婚につながるのではないでしょうか。

まずは、自分にはなにが足りてなかったのか考えてみましょう!

スポンサーリンク

離婚話で喧嘩をした時、してはいけないこと!

まず、喧嘩をしても気をつけなければならないのが、
「お互いに感情的になってはならない。」
ということです。
感情的になって話をすると、余計な言葉まで行ってしまいます。
言葉は重たく、時に訂正が効かないことがあります。
その言葉が引き金になって離婚が成立してしまう場合もあります。
そうならないためにも感情的にならずに話しましょう。
例えば家ではなくあえてカフェなどに行って話すことで、
公の場で怒鳴ったりできないと思うため結構冷静的に話せたりします。
そこで話し合いの中でさらに注意しなければならないのは、

別居は極力しない。

ということです。

別居をしてしまった夫婦の7割程は、
別居をし始めてから1年以内に離婚してしまうとそうなんです!
冷静になる手段としてよく行われるようですが、
本当に離婚をしないと考えているのであれば、
別居はさけた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

もし子供がいるなら…

もし、あなたの家庭に子供がいるなら、
子供のことを第一に考えてください。
子供はわかっての通りすごく素直です。
だから例えあなたが子供は寝てるからと思って夜中に喧嘩をしても、
案外起きてるものです。
もしくは起きてしまうものです。

スポンサーリンク

トラウマ





そこで怖い思いをすると一生記憶に残ってしまうかもしれません。
だから子供の前では喧嘩をしないでください。
それで子供がトラウマを持ってしまったら、
余計に離婚の引き金を引くことになります。
だからもし子供がいる前で喧嘩をしてしまった、
とあなたが気づいたのなら、
「子供の前だから違うところでゆっくり話そう。」
と提案してあげてください。
そうすることによって仲直りをした後も、
子供に親の離婚問題、不仲などで負担をかけることなく、
生活が送れることでしょう。

スポンサーリンク

離婚危機、喧嘩だからこそたくさん話して!

離婚危機になるとお互いに話すのが面倒になり、
長期で話さなくなるなんてことがあると思います。
だからこそ逆に話して話してたくさん話しましょう!
今まで伝えられなかったあなたの想いを、
素直に話してみてはどうでしょうか。
例えば生活リズムの違いなどの違いなら、
「本当は一緒に暮らしてるはずなのになかなか話せないのが寂しかった。
だから、その裏返しで思わず起こってしまった。」
など、素直な気持ちで向き合うのが良いと思います。
価値観の違いでのすれ違い、家事の分担でのすれ違いもそうです。
「私の考えを受け入れて欲しい。」
「もっとわかってほしい。」
という想いがあるなら言葉にして伝えるべきです。
もし、
「実際に話合いをしてはいつも感情的になってしまうから難しい。」
という方はお手紙にしてみるのもいいかもしれません。
生活リズムが合わないなら、
一時的に交換日記などを実施するといいと思います。
文面におこすことによって、
自分の本当の気持ちや相手にどう伝えれば分かりやすくなるのか、
というのを考えることができます。
そうやってすれ違っていた時間を取り戻す努力が必要です。

スポンサーリンク

最後に





日本では年間に多くのカップルが愛し合い、結婚をします。
しかしその一方で、
結婚をした3組に1組は離婚をしてしまうという悲しい事実があります。
そんな中で離婚しようと思ってたけどやっぱりやめておこう、
と考えた夫婦がいるのも確かです。
一度は愛し合った2人なのだから、
お互いによく話し合って今度について考えましょう。
それに離婚することは夫婦だけの問題のように見えて、
実はそうではありません。
今まで関わってきた両家の家族や友人も関わってくる場合があります。
だからどうか、
「もう限界だ。無理だ。」
と、非情にならずに自分の本心とよく会話をしてみてください。
おそらく前向きでいることが何よりも、
離婚しない秘訣なのかもしれませんね。